会社概要

泰国西松建設株式会社は、西松建設株式会社のタイ現地法人として、1963年9月17日にタイのバンコクに設立されました。当時、建設会社としては初めて日本とタイの合弁による日泰建設株式会社を設立致しました。1984年に日泰建設株式会社から現在の泰国西松建設株式会社に変更しました。

タイにおける日系総合建設業の先駆者として、日本の優れた工事管理技術や高度な専門的スキルを用いて着手した様々な公共工事および民間工事の双方において多くのプロジェクトの成功を収め、本日まで幅広く認められてきました。

お客様のご要望を実現する為、ご希望の建物を効率的に完成できるように、知識や創造性を持って、全力で尽くして参ります。

泰国西松建設は、設立当初は、高速道路建設等の公共土木工事を手掛けて参りましたが、1950年代には、チェンマイ空港滑走路、数多くの高速道路建設(合計約250km)、地下鉄駅建設工事に携わって参りました。60年代後半には、多くの日系企業によりタイへの進出が始まり、G.S.スチール社の第1工場建設工事を始めとして多くの建物・工場建設を多数受注しました。

近年は日系企業、外国企業の工場をはじめ、商業、住宅を設計施工にて御提供しています。社業と建設産業の発展にむけ、タイ国における長年の幅広い豊富な経験と専門知識により、安全性、品質、工期管理といった培われた高度な技術力を持って取り組んでおります。

建設サービス

企業価値の向上に向け、全役職員一丸となりお客様へ価値ある建造物とサービスを提供しております。また、高い顧客満足を満たす目的として、従業者の教育や高度な技術を確立するため積極的に行動しております。当社の建設サービスは下記の通りになります。

設計施工 - 「ターンキー」プロジェクト

泰国西松建設の設計施は、品質、コスト、スケジュールを提供しています。一般的な建設入札と比較して、当社の設計施工により、全体工事の期間とコストが削減出来て価値ある建造物を提供しております。

プロジェクトの設計施工をチームに組み合わせることで、下記の通り提供をいたします。

  • 建設事業の事前調査
  • 建築許可申請等申請サービス
  • 迅速な設計・エンジニアリング業務と調達・建設業務
  • メンテナンス対応を含めた適切なコスト算出
  • 経済的な設計

日本の優れた設計施工手法の先駆者として、58年前のタイ進出以来経験を積んでおり、日系企業と外資企業のお客様のため、日本の優れた品質管理技術とともに国際的な設計施工を提供しています。

建設

当社は、お客様の満足度を高めていくことを目指しています。その目的を実現するため、品質を基盤とした組織と信頼を構築してきました。

タイに進出して以来、日本の優れた品質管理と国際的な建設技法を融合させ、様々のプロジェクトを実施してきました。アジアとヨーロッパのカウンターパートと知識を共有し、お客様、コンサルタント、サプライヤーと連携して常によりプロジェクトを提供しています。この継続的改善への取り組みは、効率、品質、施工スピード、コスト、廃棄物削減、環境・安全の面で業界をリードする実績につながっています。

当社の長い歴史を通して、有効的な結果のため、建設の専門知識を適用しています。高度の先端技術である建設手法のリーダーとして認められるとともに、従来の建物ための伝統的な建設方法に強い基盤を持っています。

当社の建設の専門知識を適用し高度なサービスを提供しています。

工事は、安全性、品質、スケジュールに関して、お客様のご希望に応える専門知識を持つ日本人の現場監理者を提供しています。タイ西松建設は、すべての建物建設において、特有の品質管理および管理現場作業の包括的な「チェックリスト」も行っています。

メンテナンス

建物が引き渡された後も、その機能が継続することについて懸念しています。そのため、メンテナンスが必要な場合に迅速に対応できるチームを提供します。